施工事例をご紹介します

埼玉県上尾市を中心に 埼玉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、屋根の塗り替え、屋根火災保険修理をおこなっている低コスト・リフォーム研究会の施工事例をご紹介します。

外壁塗装の劣化症状

 

外壁塗装の劣化症状を理解して、早めに症状を修繕すると悪化させずに最小限の工事で済ませることが出来ます。

 

外壁塗装の劣化症状の見た目で判断出来るのに、塗膜の亀裂で起こる壁のひび割れがあります。
下地塗装または素地に達ししている深い割れをクラッキング、浅い細かいひび割れをチェッキングと言います。

 

塗膜が付着力を失ったことで素地から離れてしまう、はがれ・浮きといった現象もあります。

 

サビ汚れ・カビやコケなどが発生する症状は、塗膜劣化によって表面の汚れが付着しやすくなってしまうことが原因です。
日当たりが悪い場所に発生しやすく、金属製のものであれば腐食、周囲の物質との関係で引き起こされます。

 

紫外線などによる劣化で起こる変退色も、外観の美しさを無くしてしまう原因となります。

 

チョーキング現象が起きると触れてわかります。

 

手の平に白い粉が付くようになり、原因としては紫外線や雨風などで塗膜が劣化して、塗膜表面が次第に粉状になって消耗していく現象を言います。

 

劣化症状を放置していると雨漏りなどの原因となるのですぐに補修工事をしましょう。