施工事例をご紹介します

埼玉県上尾市を中心に 埼玉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、屋根の塗り替え、屋根火災保険修理をおこなっている低コスト・リフォーム研究会の施工事例をご紹介します。

リシンとは

 

外壁の種類は豊富にありますが、現在ではサイディングが主流として使われています。それでも、モルタルを利用している住宅も見つけることができ、新築物件であってもモルタルで設計された住宅が存在していることも事実です。
モルタルの外壁に対しては、表面に吹き付けを行うことが多く、その中にはリシンと呼ばれている工法があります。

 

リシンとはモルタル壁の工法の一種であり、広い範囲で用いられている経済的で施工しやすい工法です。

 

砕石を細かく砕いた粒とセメント、プラスター、着色剤を混ぜてスプレーガンで薄く吹き付ける工法になり、カラーリングに関しては調整を自由に行うことができます。

 

アクリル系とシリコン系などが存在していて、これらは一定の耐久性を保っていますが、弾性リシンなどを施工することでより一層耐久性の高い仕上がりに施すこともできます。

 

仕上がりは砂壁状になり、凹凸ができている状態になります。

 

リシン仕上げの場合では、クラックやカビがよく見られます。

 

定期的に点検を行って、タイミングが合えば専門業者に依頼を行い、塗り替えリフォームを行うことで、綺麗な状態を保つことができます。