施工事例をご紹介します

埼玉県上尾市を中心に 埼玉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、屋根の塗り替え、屋根火災保険修理をおこなっている低コスト・リフォーム研究会の施工事例をご紹介します。

屋根の種類と新築に使用されている割合

 

屋根の種類は多彩なものが用意されていて、輸入資材などを含めると豊富なラインナップがあります。
国内で使われている屋根の種類の場合、新築に使用されている屋根の割合に関しては、昔から使われている瓦屋根が20パーセントを占めると言われています。

 

非常に丈夫な素材で作られており、和瓦の場合では再塗装などを行う必要がないことも大きなメリットです。

 

次にスレート屋根があり、セメントを主原料としている屋根材です。

 

軽くて耐久性が高く、低価格ということもあり、新築の35パーセントを占めるとも言われており、実際にスレート屋根を用いている住宅を多く見ることができます。

 

このタイプの場合では耐火性などにも優れた能力を発揮し、様々なメリットがある屋根材として用いられています。

 

金属屋根も軽量で加工しやすく、デザイン性の高さもあり全体の20パーセントを占めています。

 

金属屋根の場合では、雨音などが気になってしまうことがありますが、雨漏りが比較的少ない素材で、塗り替えメンテナンスも簡単にできるメリットがあります。

 

 

 

以上のような屋根材の特徴を踏まえて、一番自分にあった屋根材を選ぶといいでしょう。